リンメル バレンタイン限定ブラウンリップでショコラパーティー

f:id:tsumuri30:20200119195036j:image

 

春コスメの情報が次々と出てきますよね。

春というとカラフルになりがちですが、今年は特にビビットでカラフルなものがトレンドみたいでどこもかしこも目が痛いくらいに色鮮やかです。

その前にコスメ界にある行事がバレンタイン

バレンタインを口実にブラウンリップが投下されるのがこの季節です。

怒涛の秋が終わったからといって油断してはいけない。

 

そういうわけでリンメルの毎年恒例バレンタイン限定コスメを買いました。

今年のリンメルのテーマは

ショコラパーティー

だそうです。

どうしても脳内で沢口靖子がホームパーティーを開いてしまうのですがそういうイメージで合ってる?

 

買っただけで全然使えてないのだけど、限定色なので取り急ぎ色だけでも見せていきたい次第です。

取り急ぎと言いながら発売から1週間以上経過して店頭から消えかけてるまでがテンプレ。いつも遅くてすみません。

アイシャドウも出てましたが購入したのは2種類のリップです。

 

 

リンメル ラスティングフィニッシュクリーミィリップ CP101

限定色 ダークチェリーショコラ 1300円(税抜) 

f:id:tsumuri30:20200117191505j:image

www.rimmellondon.jp

 

こちらはラスティングフィニッシュクリーミィリップの限定色です。

本体カラーも通常は黒ですがチョコレートを意識したであろうブラウンになっています。

 

クリーミィリップの質感はあまり使わないタイプであったし、カラーもあまりブラウンっぽくなかったのでこちらは買う予定ではありませんでした。

ただその日は心に空白があった。

からっぽの部分を何かで埋めたかった。

誰でもいいからコスメに抱かれたかった。

気が付くと私はこのリップを手に取っていた。

自棄コスメなんてするものでありません。

コスメにも失礼だし、誰も幸せになれません。

 

 


f:id:tsumuri30:20200119065856j:image

なんかに似てる気がするけど、なんだろう。

キャンメイクのストロベリーモカほどは赤が強くないし、くすんでる。

www.makemendokusai.com

 

くすみピンク+ほんのりブラウンでざっくりサマーっぽいカラーだと思いました。

 

私が塗った感想は

ブルベのリップ塗ったやつだ!

です。

くすみはあれど赤みはあるし、青み成分はそんなにないはずなんだけど、青みピンクつけたみたいな違和感がある。

私の元の唇がプールの授業でガタガタ震えてる小学生の唇の色だからかもしれない。

赤オレンジ系のリップで血色感を爆上げしてから塗ると、ど真ん中ではないけど「いつもとは趣の違うレッドベージュ」みたいな感じで悪くはなかったです。

フランボワーズとチョコのスイーツみたいなイメージ。ダークチェリーだって言ってるのに。

唇の血色が良い方ならこれひとつで使えると思います。

 


f:id:tsumuri30:20200119193129j:image

手持ちのクリーミィリップのブラウン系

上からダークチェリー

015

017

です。

ブラウンと一言でいってもいろいろあるということが良く分かりますね。

このカラーが一番発色強いです。

 

 

リンメル アクアリィブーストリップラッカー CP101

限定色 ダークチェリーショコラ 1600円(税抜)

f:id:tsumuri30:20200117191523j:image

www.rimmellondon.jp

 

こちらはリキッドタイプ。

初めて使うリップですが、ツヤツヤで透け感もあってリップグロスっぽいテクスチャ。

とはいえ発色は結構しっかりあるタイプです。

そして香りは一切ないのですが、塗ると少しスース―します。気になるほどではないです。 

リキッドだしグロスっぽいしこちらもどうしようかとは思ったのですが、レビュー動画を見てたらまさにチェリーでショコラって感じの赤がめちゃくちゃ可愛かったので購入を決めました。


f:id:tsumuri30:20200119065940j:image

が、わりと茶色いな…思ったより赤くない。

そしてほんのり紫っぽい。これこそダークチェリーっぽい。


f:id:tsumuri30:20200119065925j:image

エナメルのようなツヤツヤ感。


f:id:tsumuri30:20200119070003j:image

ラメは非常に細かくて悪目立ちしません。

ゴールドが中心。

 

 

単体で唇に載せるとやはり赤みをあまり感じられません。

腕に出したとき以上に赤みの少ない茶色、まさにチョコレート色に発色。

透け感のあるチョコレート色がプール上がりの唇と禁断の出会いを果たし、血色どころか生気をも奪っていきます。

生気はないけどラメとツヤ感で華やかさはあるという相反する唇は

言うなれば

 

屍人のバレンタイン

 

みたいな感じになりました。

低予算で内容もないつまらないゾンビ映画が爆誕してしまった。

 

こちらも赤オレンジリップで血色感を持たせたり、他のリップを塗った上からチョイ足ししてみると良かったです。

透け感があるとはいえ色は結構つくため、しっかり重ねてしまうと屍人のバレンタインになってしまうので、チョンチョン乗せて指で馴染ませるくらいが色もツヤもちょうどいい。

不思議と「ブラウンを足した」というより「チョコレート足した」って感じがするんですよね。気持ちの問題かもしれないけど。

手持ちのリップをチョコレートに変えたい方におすすめ。

そんな魔人ブゥみたいな人いるのか。

 

 

 


f:id:tsumuri30:20200119070029j:image

上はウィンターかオータム、下はサマーっぽいなーとなんとなく思います。

ブラウン=イエベの色みたいなイメージあるけど、これはどちらもブルベにおすすめできるカラーだと思います。

何にしろこの季節っぽいカラーで可愛いは可愛い。

唇ゾンビは本当にリップを選ぶということも改めて思いました。

唇が生気に溢れてる方であればイエベでもいけるんじゃないかなー。

 

今回は雑ですがこのへんで。 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする