マジョリカマジョルカのムック、Daydream Bookを買いました。

f:id:tsumuri30:20191214234432j:plain

 

たまたまTwitterかどっかで見かけたマジョリカマジョルカのムックを購入しました。

 

購入した理由は二つあって、ひとつは

増えていくばかりのコスメが収納から溢れた結果、ビニール袋につっこまれていること。

 

今回のムックは大きなバニティポーチがつくというのでそれ目当てがひとつ。

こういうのって買おう買おうと思っても先延ばしになってしまったり、見た目と機能性と値段と全てが理想に一致したものを探そうとしてなかなか決まらなかったりするので、付録みたいな選択の余地のないもので手に入れるのが手っ取り早かったりする。

何にしろビニール袋よりはましだからな。

せめて紙袋にすればよかったのにね。

でももうバニティが手に入ったので心配はいりません。

 

 

マジョルカマジョルカへの郷愁

もうひとつは、マジョリカマジョルカに対する私のノスタルジックな感傷だな。

そのへんはこちらをご覧ください。

 

www.makemendokusai.com

www.makemendokusai.com

 

この頃は本当に終わったと思ってたけど、最近はそんなこともない気がするので(新しくできたドラッグストアに取り扱いがないということはありますが)、こういう感傷はないといえばない。

脱マジョリカマジョルカ宣言をした結果、本当に私の顔を構成するものからマジョリカマジョルカはなくなってしまった。

でもそれは「絶対に使わない」ということではなく、「ブランドがなくなっても困らないため」であったし、結果的にいろんなブランドを平等にチェックし取り入れられるようになったことは自分にとってはいいことだったから、 今となってはプラスでしかない。

ブログも続けられてるし、ありがたいことにたくさんの人に見てもらえているのも、ラッシュエナメルグラマーがなくなったおかげとも言える。

 

www.makemendokusai.com

 

何にしろ、私のコスメの中心、「はじまり」のようなところにマジョリカマジョルカがあるのは、今何を使っていても変わらない事実。

経験や知識が花びらのように幾重にも重なり、その中心は次第に見えにくくなっていくかもしれない。

たまに思い出して覗いてみることも、時が経てば経つほど、機会が減っていくかもわからない。

それでも花びらをひらいてみると、その中心にはきっとずっとマジョリカマジョルカがあるし、横の花を開けばL'Arc~en~Cielがいるし、どっかの花のまんなかには矢沢あいがいると思う。

そういうのって消えないですよね。

 

言ってみれば「童心に帰る」じゃないけど、懐かしむような気持ちで買いました。

 

 

MAJOLICA MAJORCA Daydream Book

宝島社 1990円(税抜)
f:id:tsumuri30:20191214234432j:image

 

こういうムックって初めて購入したんですけど、本はどこ?ってなりました。

おまけが主役なのは十分承知していたつもりだったんですけど、もう少し本があるのかと思っていました。これは私の無知。

本こそ目的の二つ目にあたる部分だと思っていたのですが、勘違いでした。

内容については触れませんが、昔店頭に置いてあった中綴じリーフレットの方が豪華でした。

本については以上です。 

  

特典はこんなかんじです。
f:id:tsumuri30:20191214234443j:image

 

限定デザインのバニティポーチと、モイストカクテルフィクサーの現品サイズのサンプルがついてます。現品サイズのサンプルとはそれはもう現品です。

 

 

超豪華2大特典その1:バニティポーチ

まずは目的のバニティポーチを見ていきます。


f:id:tsumuri30:20191214085622j:image

白です。汚れますね。間違いなく。

手前に大きめのポケットがついてます。 

 


f:id:tsumuri30:20191214085633j:image

中は赤でモノグラム。

小さいポケットがついてます。 

 


f:id:tsumuri30:20191214085646j:image

とりあえずリップをたくさん入れてみました。

ちょっと気持ち悪いですね。 

 


f:id:tsumuri30:20191214085657j:image

長くない普通サイズのリップスティックなら二段入る深さがあります。

まだほかのところにもリップあるんだけどこの倍ほどはないから、全部入れてもまだ余裕ありそう。

リップ買える!

  

かなりたくさん入るし、特に深さがあります。

私は本当に「収納」目的なので多分雑に入れてしまうと思うけど、ちゃんと整理整頓したい、日々のメイクに使いたいのであれば、トレイなどを入れて二段にするのが良さそう。

 

 

超豪華2大特典その2:モイストカクテルフィクサー現品

そしてもうひとつの特典、モイストカクテルフィクサー現品サイズサンプル。


f:id:tsumuri30:20191214235824j:image

この前の夏はプチプラでもたくさんのフィックスミストが発売されてましたが、これからの季節、このモイストカクテルフィクサーはおすすめ。

 

www.makemendokusai.com

 

おしろいと美容液と化粧水の三層構造でフィックスミストとうるおいミストを両立しています。

霧が比較的荒いのは残念な点なんですけど、おしろいでサラサラにしながらも乾燥からも守ってくれて、何しろ見た目が100点の可愛さなのが推しポイント。


f:id:tsumuri30:20191214235849j:image

モイストカクテルフィクサー買おうと思ってる方でバニティ絶対いらないマンでなければ、このムックを買うのもありですね。

モイストカクテルフィクサー1200円+税

ムックは1990円+税です。

 

 

 

モイストカクテルフィクサーと言えば、看護師さんのためのサイト「看護のお仕事」内のコンテンツ「ナースときどき女子」にて、以前書いたレビューを取り上げていただきました。

 

kango-oshigoto.jp

 

ナースのためのサイトですが、この特集は肌の乾燥対策の記事でナース関係ないというか、ナースに関わらずどなたでも参考に出来る記事なので、よかったら見てみてください。

 

 

マジョリカマジョルカ、変な方向に行ったり、什器が続々と消えていったりしたときはどうなることかと思ったけど、この1年はモイストカクテルフィクサーもそうだし、まつげ美容液、単色アイシャドウなど、話題になる機会が多かった気がします。

単色シャドウの新色も西回り東回りみたいなホリデーも買わなかったし、たぶん今後もこのくらいの距離感で見守っていくことになりそうです。

とりあえずバニティとモイストカクテルフィクサーにはお世話になります。

 

ではまた!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

マジョリカマジョルカのムック、Daydream Bookを買いました。

f:id:tsumuri30:20191214234432j:plain

 

たまたまTwitterかどっかで見かけたマジョリカマジョルカのムックを購入しました。

 

購入した理由は二つあって、ひとつは

増えていくばかりのコスメが収納から溢れた結果、ビニール袋につっこまれていること。

 

今回のムックは大きなバニティポーチがつくというのでそれ目当てがひとつ。

こういうのって買おう買おうと思っても先延ばしになってしまったり、見た目と機能性と値段と全てが理想に一致したものを探そうとしてなかなか決まらなかったりするので、付録みたいな選択の余地のないもので手に入れるのが手っ取り早かったりする。

何にしろビニール袋よりはましだからな。

せめて紙袋にすればよかったのにね。

でももうバニティが手に入ったので心配はいりません。

 

 

マジョルカマジョルカへの郷愁

もうひとつは、マジョリカマジョルカに対する私のノスタルジックな感傷だな。

そのへんはこちらをご覧ください。

 

www.makemendokusai.com

www.makemendokusai.com

 

この頃は本当に終わったと思ってたけど、最近はそんなこともない気がするので(新しくできたドラッグストアに取り扱いがないということはありますが)、こういう感傷はないといえばない。

脱マジョリカマジョルカ宣言をした結果、本当に私の顔を構成するものからマジョリカマジョルカはなくなってしまった。

でもそれは「絶対に使わない」ということではなく、「ブランドがなくなっても困らないため」であったし、結果的にいろんなブランドを平等にチェックし取り入れられるようになったことは自分にとってはいいことだったから、 今となってはプラスでしかない。

ブログも続けられてるし、ありがたいことにたくさんの人に見てもらえているのも、ラッシュエナメルグラマーがなくなったおかげとも言える。

 

www.makemendokusai.com

 

何にしろ、私のコスメの中心、「はじまり」のようなところにマジョリカマジョルカがあるのは、今何を使っていても変わらない事実。

経験や知識が花びらのように幾重にも重なり、その中心は次第に見えにくくなっていくかもしれない。

たまに思い出して覗いてみることも、時が経てば経つほど、機会が減っていくかもわからない。

それでも花びらをひらいてみると、その中心にはきっとずっとマジョリカマジョルカがあるし、横の花を開けばL'Arc~en~Cielがいるし、どっかの花のまんなかには矢沢あいがいると思う。

そういうのって消えないですよね。

 

言ってみれば「童心に帰る」じゃないけど、懐かしむような気持ちで買いました。

 

 

MAJOLICA MAJORCA Daydream Book

宝島社 1990円(税抜)
f:id:tsumuri30:20191214234432j:image

 

こういうムックって初めて購入したんですけど、本はどこ?ってなりました。

おまけが主役なのは十分承知していたつもりだったんですけど、もう少し本があるのかと思っていました。これは私の無知。

本こそ目的の二つ目にあたる部分だと思っていたのですが、勘違いでした。

内容については触れませんが、昔店頭に置いてあった中綴じリーフレットの方が豪華でした。

本については以上です。 

  

特典はこんなかんじです。
f:id:tsumuri30:20191214234443j:image

 

限定デザインのバニティポーチと、モイストカクテルフィクサーの現品サイズのサンプルがついてます。現品サイズのサンプルとはそれはもう現品です。

 

 

超豪華2大特典その1:バニティポーチ

まずは目的のバニティポーチを見ていきます。


f:id:tsumuri30:20191214085622j:image

白です。汚れますね。間違いなく。

手前に大きめのポケットがついてます。 

 


f:id:tsumuri30:20191214085633j:image

中は赤でモノグラム。

小さいポケットがついてます。 

 


f:id:tsumuri30:20191214085646j:image

とりあえずリップをたくさん入れてみました。

ちょっと気持ち悪いですね。 

 


f:id:tsumuri30:20191214085657j:image

長くない普通サイズのリップスティックなら二段入る深さがあります。

まだほかのところにもリップあるんだけどこの倍ほどはないから、全部入れてもまだ余裕ありそう。

リップ買える!

  

かなりたくさん入るし、特に深さがあります。

私は本当に「収納」目的なので多分雑に入れてしまうと思うけど、ちゃんと整理整頓したい、日々のメイクに使いたいのであれば、トレイなどを入れて二段にするのが良さそう。

 

 

超豪華2大特典その2:モイストカクテルフィクサー現品

そしてもうひとつの特典、モイストカクテルフィクサー現品サイズサンプル。


f:id:tsumuri30:20191214235824j:image

この前の夏はプチプラでもたくさんのフィックスミストが発売されてましたが、これからの季節、このモイストカクテルフィクサーはおすすめ。

 

www.makemendokusai.com

 

おしろいと美容液と化粧水の三層構造でフィックスミストとうるおいミストを両立しています。

霧が比較的荒いのは残念な点なんですけど、おしろいでサラサラにしながらも乾燥からも守ってくれて、何しろ見た目が100点の可愛さなのが推しポイント。


f:id:tsumuri30:20191214235849j:image

モイストカクテルフィクサー買おうと思ってる方でバニティ絶対いらないマンでなければ、このムックを買うのもありですね。

モイストカクテルフィクサー1200円+税

ムックは1990円+税です。

 

 

 

モイストカクテルフィクサーと言えば、看護師さんのためのサイト「看護のお仕事」内のコンテンツ「ナースときどき女子」にて、以前書いたレビューを取り上げていただきました。

 

kango-oshigoto.jp

 

ナースのためのサイトですが、この特集は肌の乾燥対策の記事でナース関係ないというか、ナースに関わらずどなたでも参考に出来る記事なので、よかったら見てみてください。

 

 

マジョリカマジョルカ、変な方向に行ったり、什器が続々と消えていったりしたときはどうなることかと思ったけど、この1年はモイストカクテルフィクサーもそうだし、まつげ美容液、単色アイシャドウなど、話題になる機会が多かった気がします。

単色シャドウの新色も西回り東回りみたいなホリデーも買わなかったし、たぶん今後もこのくらいの距離感で見守っていくことになりそうです。

とりあえずバニティとモイストカクテルフィクサーにはお世話になります。

 

ではまた!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする