セザンヌ ナチュラルチークN 秋の新色ウォームブラウンと秋色チークたち大集合

f:id:tsumuri30:20190916115203j:image

 

いつもお世話になっております。

本日も秋コスメを紹介していきます。

 

先日セザンヌの秋新色、リップについてはご紹介しました。

www.makemendokusai.com

 

本日はチークです。

まだアイシャドウは未開封…

ロレアルパリの新色&新アイテムも出てるけどまだ見てもいない…

秋はスケジュールが秒刻み。

急ぎましょう。

 

 

セザンヌ ナチュラルチークN 17

ウォームブラウン 360円(税抜)
f:id:tsumuri30:20190916115237j:image

www.cezanne.co.jp

 

超定番のプチプラチーク。

私も今のようになる前にとりあえず持ってたチークはこれでした。

何しろブラシがついて360円。

何がどうなったらそんな値段になるのでしょう。

 

今回の新色は

17 ウォームブラウン

18 ローズベージュ

18もオシャレカラーでしたがとりあえずこの「温かほっこり色」のウォームブラウンを購入。

リップもそうだけどこんなオシャレなカラーをデパートに行かなくてもいいどころか360円で買える時代になったという事実に私たちはもっと感謝しなければいけない。


f:id:tsumuri30:20190916115258j:image

しかしこれ、温かほっこりっていうかもう土みたいな色してます。

土みたいな色というより土みたいです。

土を詰めたみたいな感じです。 

もうこの模様も相まって

素焼きのレリーフ

にしか見えません。

 

お気づきの方もいるかもしれませんが、


f:id:tsumuri30:20190916115312j:image

 

「テラコッタ」とは

イタリア語で焼いた土を意味します。

 

素焼きの焼き物のことです。

 

まさにこのチークのことですね。

ここ数年、数々のテラコッタカラーのコスメが発売されていますが、ここまでのテラコッタにお目にかかったことはありません。

テラコッタカラーじゃなくてテラコッタそのもの。

 

いろんなテラコッタ色のコスメを見てきたけど、おまえがナンバーワンだ。

 

でもテラコッタは名乗ってないんですけどね。

 

 

温かほっこりウォームブラウン


f:id:tsumuri30:20190916223259j:image

肌に乗せると見た目の土っぽさよりは赤みが強く感じます。

発色もかなりいいです。

下手に塗ると赤くなりすぎそう。チーク下手だから多分ミスる。

ナチュラルチークはマットとパールがあり、こちらはマットの方ですが、若干ツヤ感はあります。 

 

もう少しオレンジみがあるかと思ったんだけど、顔に塗るとやっぱりちょっと赤いかな?

ずっと使ってるブラウンチークがこれだからf:id:tsumuri30:20190916210333j:image

どうしても赤いと感じてしまいます。

 

だいぶ前の限定品なので多くは触れませんがこれ。 

www.makemendokusai.com

 

クールなブラウンというよりは名前の通り温かみのブラウンレッドですね。

私は全然赤みのないヴィセリシェのブラウンをずっと使っているので、同じテンションで入れてとりあえず1回真っ赤になりました。上手なチークの入れ方が未だに分からない。

テラコッタフルールのときみたいに、ヴィセリシェのブラウンやシェードカラーをシェーディングの要領でこめかみからシュッと入れたあとに、血色足す程度に頬にチョイ足しして馴染ませるくらいがちょうどいい塩梅になりそう。

カラーは好きだけど「温かほっこり」は自分の方向性の逆を行ってるので…。

 

付属のブラシは360円並なので、この濃いめのカラーをうまくのせるのはだいぶ無謀なチャレンジになるかと思います。

素直にチークブラシを使うのが無難。

 

 

 

秋色チーク大集合スペシャル

さて、実はこのセザンヌ以外にも買ってるこの秋の新色チークがあったりします。

まとめてここで紹介するとともに、手持ちのチークも含めて比較してみたいと思います。

 

キャンメイク マットフルールチークス 05

マットパンプキン 800円(税抜)
f:id:tsumuri30:20190916191103j:image

この秋話題の新色ですね。

かぼちゃ色のチークだよほらほら秋っぽいし珍しいでしょほらほら可愛いでしょ

っていうアピールは発売前から感じていたんですけど、そんなにかぼちゃかな?ほくほく感あるかなあ?と半信半疑で、セザンヌとロレアルパリの新作も買うことをほぼ決めてたので買わない姿勢でした。

が、たまたま入ったドラッグストアに陳列されているのを見て買ってました。意志弱い。

 

セザンヌ ミックスカラーチーク 05

レッド系 680円(税抜)

f:id:tsumuri30:20190916222836j:image

 

続いてこちら。

 

これのこと覚えてますか。

今年の春くらいに発売されたものなんですけど、一度も売ってるのを見かけませんでした。

マットパンプキンもそうだし、セザンヌのハイライトの新色や新作のグロウチークもそうですが、このへんのコスメってどれが店舗限定なのか、どこで売ってるのかとか分かりにくいですよね。グロウハイライトなんて01はどこもあるけど02は置いてるところ少ないし。

マットパンプキンみたいに偶然出くわすこともあるし、こちらのミックスチークは探しにはいかないけど偶然見かけたら買おうと思ってたら全く見かけずに半年経ってました。

ヴィセアヴァンとかKATEのSTみたいにこの店は取り扱いがある、ないっていうのが分かりやすいといいんだけどな~

この度、新作買うついでに買ってみました。 
 

 

そしてキャンメイクのグロウフルールチークス10 テラコッタフルール

www.makemendokusai.com

 

今年の冬から春に大変お世話になりました。

 

 

f:id:tsumuri30:20190916115444j:image

この4人パーティーで比較してみます。 


f:id:tsumuri30:20190916120729j:image

多色のものは推奨の塗り方どおりに指で取って2回重ねてます。 

 


f:id:tsumuri30:20190916115500j:image

ミックスカラーチーク05は図の通りやるとだいぶ薄いですね。

使い方によって発色は変えられますが、一番濃い赤だけを拾ってもそこまで濃くは発色しないです。ナチュラルチークよりは控えめ。

すべてのカラーにパールが入ってるのでキラキラです。

キャンメイクよりは色の選択に自らの意思を介入しやすいですね。

 

グロウフルール10(テラコッタフルール)が一番ウォームブラウンに近いレンガ系カラー。

ウォームブラウンの方が赤みがあり、テラコッタフルールはくすみがあってベージュも入ってウォームブラウンより落ち着いたクールな印象。

ウォームブラウンは頬骨からシュッと入れるようなクール系の仕上がりよりはふんわりと入れて暖かい仕上がりにするのが合ってる気がするんですが、これはシュッと入れるような入れ方も合ってて、それでいて自然な血色感も出るので、個人的にはこっちの方がウォームブラウンより使いやすいです。

 

マットフルール05(マットパンプキン)はオレンジベージュ。

パレットの見た目よりもオレンジっぽかったけど、やっぱりかぼちゃのこっくり感とかほくほく感というには明るめでした。

色自体はプチプラでもそこまで珍しくもないかな?

肌馴染みのめちゃめちゃいい色で、頬に乗せるとほんのり赤みが差して非常に自然な血色感が出ます。

標準~色黒めの私からすると「秋っぽい色」という感覚はあまりなく、夏でも暑苦しくないナチュラルヘルシーカラーという印象です。

季節もシーンも選ばないカラーなので買って損はないかな。

色白黄み系の方におすすめの秋カラーではあるかもしれないです。

 

ブラシは圧倒的にキャンメイクのフルール系がいいです。800円だしね。

フルール系は容器が分厚すぎて何をどうしたらこんなに分厚くなるんだって私が上司なら叱りたいくらい分厚いんですけど、それもこれもこの小さいながらもふわふわのブラシを収納するためなんですよね…

上司に怒られてでもこのブラシを入れたかったんだなって思うと頭が下がります。

この分厚さも含めて愛してほしい。

 

キャンメイク グロウフルールチークス 10 テラコッタフルール 6.1g

キャンメイク グロウフルールチークス 10 テラコッタフルール 6.1g

 

 

結論、この秋冬もテラコッタフルールを使いそうな気もしてるんですけど、こんなにも秋っぽいブラウン系チークが低価格で出回ってるんだなあと思うとほんとに嬉しい。

チークの比重がだいぶ低いのでそんなに数は持ってないですが(当社比)、これ以外にもベージュを含めてデパコスにしかなかったような色が最近だいぶ増えたように感じてます。

そんな幸せを心から噛みしめるためにも、チークの入れ方をもう少し勉強しようと思います。

ではまた!

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする